マンションの査定をお願いしてみよう

何らかの理由でマンションを手放すことを考えている場合は、マンション査定を依頼してみましょう。思ったよりも高額で買い取ってもらえるチャンスが生まれるかもしれません。

マンションを高額査定してもらうためのポイント

カビや結露がないかチェック

湿気が高い家はNGです。押し入れなどは特にチェックしましょう

排水溝のにおいと汚れは絶対掃除すべし

排水溝のにおいは家に染み付くので丁寧に掃除をしましょう。

柱や梁に傷はないかチェック

瑕疵は訴訟問題に発展するので、致命的な破損は事前に申告しましょう

日当たりが良い部屋は特に片付けよう

日当たりが良い部屋は風通しをしてアピールしましょう

間取り図、登記簿などを準備しよう

特に根抵当権が解除されていることをアピールしましょう

査定には色々な要素がかかわってくる

マンション

もう住まなくなったマンションを売却したい時等に利用するのが、マンション査定になります。マンション査定は、いくつもの項目を確認したうえで、定められた査定表の基準に従って項目ごとの点数を足し合わせて総合的な評価を算出します。

最初に見られる項目とは

マンション

では、マンション査定の際にはどんな査定項目があるのでしょうか。重要な項目には14点あると言われており、まず見られるのがそのマンションの住みやすさのという項目群があります。最寄り駅まで徒歩何分か、マンション周辺に暮らしに必要な商業施設が充実しているか等、立地的な魅力がまず問われます。さらに建物自体の築年数や、どこのハウスメーカーが設計や保守に当たっているか等、建物そのものの信頼性も評価を左右する大きなポイントです。

細部まで色々見られます

女性

さらに、マンション査定においては管理体制についても細かにチェックされます。管理人の勤務は住み込みか、駐車施設があり、そこには防犯カメラが設置されているか等という点です。他にも、不動産情報誌に掲載される際に必要な間取りや方位、日当たりに関しても規定の基準で評価がなされます。そのマンションが外から見てどれくらいの魅力があるのかという点もプロの目から厳しく査定されます。それ以外にも、マンションならではの敷地利用権についてや騒音問題等、様々な切り口から見た項目があります。それぞれの査定項目の種類ごとの評価を確認して、これからの戦略に活かしましょう。